ANZEN漫才の歌ネタが面白い!コンビ名の由来や歌唱力を調べてみた!

芸能

こんばんは!ふくふくです。

 

最近面白い芸人さんが現れましたよ~皆さん!

ちょっと、面白すぎるので紹介させていただきます!

その芸人さんは、ANZEN漫才!

 

みぞやんとあらぽんの二人組で構成されるコンビです☆

ANZEN漫才の歌ネタが面白い!

thumb_001

このANZEN漫才さんが注目される理由として、持ちネタである、歌ネタが面白いんですよね。

「足立区の歌」に関して、めっちゃなんか癖になる楽曲で、間に挟まれるラップがまたいいんですよね!

 

このリズムネタはかなり作りこまれておりますな~!

 

というのも、どうもANZEN漫才さんは、どぶろっくさんの弟子ということでそこからリズムネタのノウハウを得たんだと思いますね。

 

個人的にはリズムネタはノリとキャッチーなフレーズの繰り返しと耳に残るフレーズで構成されてるように思えて、簡単に作れるようで簡単につくれないとも思います~

 

ANZEN漫才のコンビ名の由来や歌唱力を調べてみた!

anzen1-1-300x218

さて、この二人組について、気になるのはやはり「ANZEN」というコンビ名に入っている単語についてですね~

 

どこが安全なのか、うーん、そんなANZENにやっているようには思えないのですがw

 

歌ネタって当たり外れがあると思うので当たらないと全く当たりませんし、そういうことを考えてみると、全くANZENじゃないですけど、、、

 

てなわけで、コンビ名がANZENとついている由来を調べてみることにしました!

 

ってこと調査した結果、どうやら「モザイクがかかるようなネタはやらない様にしよう」ということで、今のコンビ名となりANZENという言葉を使っているようです。ふむふむ、それなら納得な理由ですw

 

で、ついでに歌唱力があるのかどうかですが、基本的に歌ネタをやる人は楽器も弾いてたりして、楽器しているってことはリズム感とか、音感とか普通に常人以上にあるので、普通に上手いと思います。

 

ここに関しては、そのうち、歌ネタ選手権とかそういうのが開催されたときに明らかになるような気がします!!!

 

ということで、今回はANZEN漫才さんを調査してみたわけですが、これからまず、小学生や中学生を中心に流行って行きそうですね!

 

特に、年末は忘年会シーズンなので、サラリーマンの皆さま方にもオススメ出来るネタとも言えます!ふくふくも、ちょっと、ネタを叩きこんでおこうかなw

コメント