杉本龍勇の走り方がヤバい!?経歴やトレーニング方法も調査‼

スポーツ・e-sports関連

こんばんは!ふくふくです。

 

情熱大陸が最近面白くて見ているのですが、今度の3月19日の放送では、走り方のプロフェッショナルが出演します。その名は、杉本龍勇

 

サッカー指導者であり、元陸上選手のようです。

 

杉本さんは、日本サッカーの問題点を以下のように指摘しております。

 

”ヨーロッパなどでは全力疾走状態でどれだけ高いスキルを発揮するかがトレンドであり、日本では、スピードを落とせばスキルの高さを発揮できるが速度を上げると途端にそれが出来なくなる傾向にある”

 

どうも、これが今の日本の課題のひとつのようです。つまり、カウンターが苦手ということですね♪

 

んー、さすが、指導者は見る目が鋭いです!杉本さんは、陸上で活躍していたこともあり、走り方についてこれから日本サッカーにないものを与えてくれるんじゃないかと大いにふくふくは期待してます。

杉本龍勇の走り方がヤバい!?

2011121200000156_310

杉本さんが提唱する走り方は、走るときに地面を蹴らないことだそうです。

 

どうも、踏ん張るのではなく、足を前に振り出す力と大きく開いた足の収縮力を利用して、振り子のようにふるようです。こうすることで、脱力したまま、慣性の力で進めるとのこと。

 

実際、日本代表の岡崎選手はこの理論を実践しており、あの素早い動きを実現しているようですね~

杉本龍勇の経歴やトレーニング方法も調査‼

2011_20_sugimoto

名前:杉本龍勇(すぎもと たつお)

生年月日:1970年11月25日

出身地:静岡県沼津市

血液型:O型

 

現在、杉本さんは、法政大学経済学部の教授を務めております。

 

スポーツ経済学、スポーツ経営学 を研究分野としており、サッカーにおける身体動作の特性〜スポーツ科学を現場で活かすために〜 など、走り方にかかわるような内容を発表したりしているようです!

 

とりあえず、走り方としては、地面をけらないということですが、どんなトレーニング方法なのか!?

 

このことは、著書の『スポーツに活きる! 正しい走り方講座』に、イメージとしては、足を地面に着地させるタイミングで1、2とリズムを取るのではなく、太腿を上げるたびに1、2と数えることだ。と記載されております。うーん、難しいw

 

これは実際に体感してみて、体にしみこませていかないとですね!

コメント