筋肉痛の治し方や休憩方法は?食べ物やマッサージで治す方法を調査!

健康

こんばんは!ふくふくです。

 

筋肉痛の治し方や、筋肉痛を治すための休憩方法をご存知でしょうか?

たまに運動すると筋肉痛になったりするので、治し方を知っていると非常に有用です。

 

また、筋肉痛は食べ物マッサージで治す方法もあるとのことで気になります。

 

ということで、

今回は、筋肉痛の「治し方」、「休憩方法」、「食べ物やマッサージで治す方法」について調査していきます!!

筋肉痛とは?

筋肉というのは、関節をまたいで、その両端が骨に付着しています。この筋肉を伸び縮みさせることによって、体が動くように人体の構造ができています。

 

そして、筋肉が伸び縮みする際に、筋肉に負荷がかかりすぎると筋肉痛になります。

 

たとえば、筋肉が収縮しようとしているときに、筋肉を伸ばす動きをするなど、逆に動きをするときですね。このような動きをして、筋肉に負荷を加えることで、筋肉を使い過ぎて、筋肉を構成する筋繊維が傷つきます

 

すると、筋繊維を治すために白血球やリンパ球がやってくるのですが、その過程で炎症反応が起きます。これが筋肉痛になるのです。

筋肉痛の治し方とは?

さて、この筋肉痛の治し方はどういう方法なのか。大きく分けて以下の治し方があります。

・安静にする
・お風呂上りにマッサージをする
・食事に気を付ける
・冷やす
・薬を使用する

 

治し方のうち、冷やしたり、薬を飲んだりは、もうそのままの意味ですね。他の治し方で、安静にする、マッサージする、食事に気を付けるについては、次の項目から順に説明していきます。

筋肉痛を治すための休憩方法?

筋肉痛の治し方でも取り組みやすいのが安静に休憩することだと思いますが、一体、どのような休憩方法が良いのか。

 

具体的には、激しい負荷をかけずに睡眠をしっかりとるという休憩方法が良いです。負荷をかけると筋繊維がまた傷ついてしまうため、激しい運動は控える必要があります。

 

そのため、筋肉痛になった際には、例えば、筋肉痛になった部位の筋トレは控えることが休憩方法として好ましいです。どうしても、筋トレを毎日したいという人は、筋肉痛になった部位以外を筋トレするとよいでしょう。

 

また、しっかり睡眠をとって休憩することで、成長ホルモンが分泌されるため、筋繊維が治りやすいです。

筋肉痛をマッサージで治す方法?

筋肉痛の部位をマッサージする治し方もあります。運動によって硬くなってしまった筋肉をやわらかくすることで、血流が良くなり、栄養などを体の隅々まで届けられるようになります。

 

特に、お風呂上りは、血行が良くなっているので、マッサージ効果が高いです。ただし、力を入れすぎると筋繊維を痛めてしまうので、力の加減には注意が必要です。

筋肉痛を食べ物で治す方法?

筋肉痛の治し方に食べ物で治す方法があることは、意外に知られていないと思います。筋肉痛を修復するためには、筋肉の材料であるたんぱく質が必要であり、肉や魚、たまご、大豆などにたくさん含まれています。

 

また、たんぱく質も大切ですが、ビタミンも筋繊維を修復したりするには大切な栄養素となるため、ビタミンを含む食べ物もバランス良く食べるとよいでしょう。

まとめ

筋肉痛について、「治し方」、「休憩方法」、「食べ物やマッサージで治す方法」について調査しましたが、以下のことがわかりました。

 

「筋肉痛の治し方は主に5つ」
「筋肉痛になった部位は治るまで筋トレは控える」
「マッサージはお風呂後が効果的で力加減に気を付ける」
「たんぱく質やビタミンを含む食べ物をバランス良く食べる」

 

というわけで、筋肉痛の治し方は、5つあり、比較的取り組みやすい治し方ばかりです。筋肉痛の治し方を適切に実施して、快適な運動ライフを送りましょう!

コメント