小泉進次郎の入閣はなぜ?環境大臣の理由や育休取得できるか気になる

時事関連

ふくふくです。

 

滝川クリステルと結婚して話題の小泉進次郎が戦後3番目の速さで安倍内閣に入閣しましたが、なぜ入閣したのかご存知でしょうか?小泉進次郎が環境相の大臣になった理由が気になるところですよね。

 

また、小泉進次郎は育休取得を検討中ですが、入閣後に育休取得できるのか気になるところです!

 

ということで、

今回は、小泉進次郎について、「入閣はなぜ?」、「環境大臣の理由」、「育級取得できる?」を調査していきます!!

小泉進次郎のプロフィール!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上地雄輔(遊助)さん(@usk_kmj)がシェアした投稿

名前:小泉進次郎
誕生日:1981年4月14日
血液型:AB型
趣味:知らないことを知ること
尊敬する人物:ジョン・F・ケネディ
好きな言葉:「異志統一」
長所:ポジティブなところ
短所:涙もろいところ

参考:https://shinjiro.info/profile

 

経歴は、以下のとおりです。

1984年:関東学院六浦小学校入学、以来中学・高校・大学と関東学院在学

2004年:関東学院大学経済学部卒業

2006年:米国コロンビア大学大学院政治学部修士号取得

2007年:衆議院議員小泉純一郎秘書

2009年:衆議院議員初当選

2011年:自民党 青年局長

2013年:内閣府大臣政務官・復興大臣政務官

2015年:自民党 農林部会長

2017年:自民党 筆頭副幹事長

2018年:自民党 厚生労働部会長

 

アメリカの大学で政治学部修士号を取得しているのは凄いですね。やはり、父親のもとで秘書として修行していた時期があるんですね。そして、現在は、環境相の大臣になるなんて、凄い経歴です。

小泉進次郎の入閣はなぜ?

小泉進次郎は、2009年に衆議院議員に初当選し、その後の当選回数は4回です。そして、なんといっても、小泉純一郎元首相の次男という政界のサラブレッドです。

 

将来の首相候補として、育てられていることは間違いないと考えられます。現在の首相である安倍晋三も政界のサラブレッドとして育てられて、首相になっているので、そういった流れはあると思います。

 

さて、今回、小泉進次郎が入閣したのはなぜなのか?

 

小泉進次郎は、石破茂元幹事長を支持しており、安倍首相とは距離を置いております。これは、2012年、2018年の党総裁選で石破茂を応援していることから明らかです。

 

そんな中で、安倍内閣に入閣した理由は、小泉進次郎の人気狙いと考えられます。

 

小泉進次郎は、8月に滝川クリステルと結婚したことで話題となっており、今一番話題性のある人物の一人です。さらに、爽やかなルックスのイケメンで好感度もあることから、ぜひとも政権のそばに置きたいという狙いがあったのでしょう。

 

2019年9月9日時点で、安倍内閣の支持率は、NHK世論調査によると支持48%、不支持33%です。

2019年9月(9月9日更新)
安倍内閣 支持48% 不支持33%(NHK世論調査)
NHKは、今月6日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは2368人で51%にあたる1216人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント下がって48%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、2ポイント上がって33%でした。支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が44%、「実行力があるから」が20%などとなりました。

逆に、支持しない理由では、「政策に期待が持てないから」が33%、「人柄が信頼できないから」が31%などとなっています。

参考:http://www.nhk.or.jp/senkyo/shijiritsu/

 

NHKの世論調査からわかるとおり、不支持の理由に、人柄が信頼できないという声があります。そのため、小泉進次郎を入閣させる理由として、この点の改善材料としたのではないかと推測します。

小泉進次郎が環境大臣の理由は何?

さて、入閣した理由が、小泉進次郎の人気狙いと考えて、実務としては、きっちり環境相の大臣として仕事をしなければなりません。

 

そこで、小泉進次郎が環境大臣に採用された理由は何なのか?

 

小泉進次郎はまだ年齢が38歳と若く、主だった実績もありません。そのため、Twitter上での評判も賛否両論あります。

元東京都都知事の舛添要一もツイッタでコメントしてますね!やはり実力不足が否めないようです。

やはり、入閣理由は、人気アップのためっぽそうですね。

 

環境大臣の仕事ですが、環境省が設置された理由は以下の通りです。

「地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む)並びに原子力の研究、開発及び利用における安全の確保を図ること」を任務とする

参考:環境省設置法第3条

 

つまり、地球環境、公害、自然環境、原子力関係に関する環境を保全、保護、整備等が仕事となるようです。

 

そして、そのトップが環境相の大臣ということで、上記の業務にゴーサインを出すのが役割になりそうですね。

 

実際、Twitterで環境相の大臣の仕事に関するツイートを探してみました。

環境省の仕事が注目されるきっかけになればと期待する声がありましたね。直近の大きな仕事としては、原発の汚染水をどうするかの問題があるようです。

小泉進次郎は育休取得できるのか?

さて、小泉進次郎は環境相の大臣として、初入閣を果たしました。嫁である滝川クリステルと子供のためにも育休を取得できるのか気になるところです。

 

Twitterで小泉進次郎の育休取得に関して調査してみました。

うーん、小泉進次郎の育休取得については、賛否両論ですね。

 

気になるところが、育児休業中は、一般人は給料の半分程度になってしまうのですが、国会議員は給料が満額もらえるという点

 

ここが、小泉進次郎が育休取得をする上で、争点となるでしょう。

 

衆議院議員である以上、国民の声も加味して育休取得を検討するものと考えられます。育休を取得するのか、取得しないのか、これからの動向に注目ですね。

まとめ

小泉進次郎について、「入閣はなぜ?」、「環境大臣の理由」、「育級取得できる?」を調査しましたが、以下のことがわかりました。

 

入閣は政権人気アップを狙っていると推測
環境大臣の理由は不明だが、仕事内容としては原発の汚染水問題がある
育休取得できるかは、育児休業中でも国会議員は給料が満額もらえるというのが争点

 

ということで、小泉進次郎の入閣はなぜか、環境大臣の理由、育級取得できるかを調査しましたが、いかがでしたでしょうか。小泉進次郎はこれからどんな仕事っぷりを見せてくれるのか、今後の動向に注目です!

コメント