【N国】立花孝志の辞職はなぜ!理由は?今後の埼玉補選が気になる!

時事関連

ふくふくです。

 

N国立花孝志党首辞職を表明しましたが、なぜ辞職するのか?辞職理由が気になりますね。

 

また、参議院議員を辞職後は、参議院の埼玉補欠選挙に出馬するそうで、今後の動向が気になるところです。

 

ということで、

今回は、N国の立花孝志について「辞職はなぜ?理由が気になる」、「今後の動向」を調査していきます!!

【N国】立花孝志の辞職はなぜ?理由が気になる!

N国の立花孝志が辞職はなぜなのか!理由ですが、おそらく辞職することが「NHKをぶっこわす」ことにつながっているからでしょう!

 

N国の目的は、NHKをぶっこわすことですからね。そのあたりの目的については、以下の関連記事で紹介しています↓

 

なぜ、辞職することが「NHKをぶっこわす」ことにつながるのかというと、理由はこうです。

 

まず、辞職しても参議院のN国の議席は減りません。N国から参議院選挙に立候補して落選してた京大出身の放射線専門医である浜田聡氏が繰り上げ当選するだけです。

 

一方で、辞職した立花孝志が参議院の埼玉補選に出馬して、もし当選すると、参議院での議席が2に増えます

 

参議院での議席が増えたところで、どうなんだと思いますが、実は参議院での議席が増えることは非常に重要です。

 

なぜなら、安倍総理の悲願が憲法改正だからです。

 

どいうことかというと、安倍総理の祖父である元総理の岸信介の遺志を受け継いでいるからです。岸信介は、安保条約の改定し、さらに改憲も果たそうとしていましたが、当時、安保闘争によってその思いは断たれてしまいました。

 

そいういうこともあり、その祖父の思いを受け継ぎ、政界のプリンスとして育てられた安倍総理は、憲法改正が悲願なのです。

 

それに、戦後はじめて憲法を改正すれば、未来の教科書にも掲載されるでしょうし、歴史にその名前を刻むことができます。

 

さて、憲法改正のためには、日本国憲法96条で以下のように条件が記載されています。

第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
○2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

参考:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=321CONSTITUTION#263

 

憲法を改正するために国民投票で半分の賛成を貰う前に、衆議院と参議院で3分の2以上の賛成が必要です。

 

現在、衆議院の議席は3分の2以上を与党で確保していますが、参議院の議席については、3分の2以上を与党で確保していないのです。

 

ということは、憲法改正のためには、なんとしても改憲勢力を増やさなければならない。そのため、N国の2議席が重要になってくるのです。

 

つまり、N国の議席を交渉材料にして、「NHKをぶっこわす」ための何らかの条件を安部総理から直接引き出そうとしているのでしょう。

 

元々、立花孝志は「NHKをぶっこわす」ためならば何でもするとまで豪語しているので、なぜ辞職したのかを、このようにストーリーとして描くと、辞職理由がすんなりと理解できます。

 

とはいうものの、立花孝志のyoutube動画では、辞職はなぜかについてコメントしています。

国会議員辞めます【立花孝志】

 

どうも、辞職理由について「参院埼玉選挙区補欠選挙」に立候補を要請していた以下の3人から返事がないことが理由と言っております。

・豊田真由子(元衆院議員)
・青島健太(スポーツライター)
・籠池佳茂(森友学園前理事長 籠池泰典の長男)

 

ただ、結局、上記3人から返事がなく、立花孝志は10/4(金)あたりから断られたら、自分が立候補するしかないなあと、眠れなくなってきたそうです。

 

いやー、凄い思い切りのいいことをしますね!

【N国】立花孝志の今後の動向!

N国の党首である立花孝志の今後の動向ですが、目的は何もぶれていません。あくまで、「NHKをぶっこわす」ための最良の選択をしているのでしょう。

 

今後の動向ですが、参議院の埼玉の補選に出馬して、どうなるかに注目ですね。

 

参議院の埼玉の補選は、10/10(木)告示、10/27(日)投開票となっているので、27日は速報結果が出て、立花孝志が当選したかどうかわかりますね。一体、今後どうなるのか要注目です。

まとめ

N国の立花孝志について「辞職はなぜ?理由が気になる」、「今後の動向」を調査しましたが、以下のことがわかりました。

 

「辞職は、参院埼玉選挙区補欠選挙に立候補を要請した人から返事がないことが理由」
「今後の動向は、埼玉の補選で参議院の議席をN国が確保できるかどうか」

 

N国の立花孝志の辞職はなぜか、理由や今後の動向を調査しましたが、いかがでしたでしょうか。今後どういう風にN国は立ち回るのか、立花孝志の口からいずれ語られるでしょう。

コメント