Change.orgの退会方法は?署名取り消しのやり方も気になる!

未分類

こんばんは!ふくふくです。

 

署名活動がネット上でも行えるサイトChange.orgがあるのですが、退会方法をご存知でしょうか?

 

また、ネット上で署名を行うので、誤って署名してしまった際に、署名取り消しのやり方も気になります。

ということで、

今回は、Change.orgの「退会方法」、「署名取り消しのやり方」について調査していきます!!

 

なお、Change.orgの署名方法や評判については、こちらに記載しております。

→ Change.orgの署名方法は本名!?評判や安全性も調査してみた!

Change.orgとは?

Change.orgは、個人や組織が環境、人権、経済格差などの社会問題を解決して世の中の意識をチェンジするための署名サイトです。

 

Change.orgの署名は、オンラインでできることから、現在、世界中の2億7千万人が参加しており、大変活発なサイトです。

 

キャンペーンと呼ばれる署名してほしい内容を投稿して、署名を募り、成功したら、集めた署名を適切な場所に提出して思いを伝えるようですね。

 

集めた署名を提出する場所として、例えば、国会議員にじかに会いに行って、要望書、署名、コメントを渡したりします。

 

要望書は、文字のとおり、キャンペーンで署名をお願いしていた内容で、コメントは、キャンペーン中に集めたコメントですね!

 

キャンペーンの立ち上げ方法は、以下の4ステップで誰でも簡単に署名を集められます。

1.キャンペーンのタイトルを入力
2.署名を届ける先を入力
3.キャンペーンで取り組む問題と解決策を説明
4.画像や映像を入力

通常の署名活動だと、街頭に立って声を張り上げて署名を募るのですが、Change.orgでは、オンライン上でいつでも、どこでも、好きなキャンペーンに署名できるのが良い点ですね!

 

それに、Twitterやfacebookでキャンペーンを拡散して署名を集めることができるのが、今のインターネット時代には非常に適してます。

 

こんな風にChange.orgは、メリットがたくさんあるので、最近は街頭で署名活動する人が減ってきてオンラインでの署名活動に移行している模様です。

Change.orgの退会方法は?

Change.orgに署名すると、アカウントも自動的に作成されます。なので、このアカウントを辞めたい、つまりChange.orgから退会したい場合もあると思います。

 

そこで、退会方法について調べてみました!すると、退会方法は、ログイン画面でマイページにログインして、そのあと、設定からアカウント削除できるようです。

 

また、公式ホームページの「お問合せ」からアカウント削除を依頼できます。アカウント削除できるのは、安心ですね。

Change.orgの署名取り消しのやり方は?

Change.orgに間違えて署名してしまったときなど、後から署名を取り消したいときのやり方はどうすればよいのか。取り消し方法を調べてみました。

 

すると、アカウント削除と同様に、公式ホームページの「お問合せ」から署名取り消しができるようです。

 

でも、署名を取り消さなくても済むように、最初に本当に賛同すべきかよく考えることをオススメします。

まとめ

Change.orgのについて、「退会方法」、「署名取り消しのやり方」について調査しましたが、以下のことがわかりました。

 

「退会方法は、マイページもしくは、公式ホームページのお問合せから退会できる」
「署名取り消し方法は、公式ホームページのお問合せから署名取り消しできる」

というわけで、Change.orgは、退会方法も署名取り消しのやり方もわかりましたが、参加人数が2億7千万人もいますので、どれだけスピーディーにお問合せから対応してくれるかは謎です。署名するときは、よく考えて署名しましょう!

コメント