石井佳苗のラグや新居がヤバい!?夫やポップアップショップも調査‼

未分類

こんばんは!ふくふくです。

 

中古マンション等の築古物件を購入してDIYしたいという需要が最近増えている気がします。そんなDIY熱を支える一人として、石井佳苗が有名です。

 

石井佳苗のDIYセンスは著書「LOVE CUSTOMIZER」で存分に発揮されておりますので、DIYしたい方は、非常に参考になると思います。ふくふくも、よく読んでいます!

 

そんな石井佳苗の新居やラグが、おしゃれでヤバいという噂があり、DIYに興味がある一人としては、非常に気になります。

 

また、石井佳苗は結婚されており、がいるようなので、どんな方なのかも気になりますね。

 

それにポップアップショップがあったようで、どんなお店なのかも気になります。

 

ということで、

今回は、石井佳苗の「新居やラグ」、「夫やポップアップショップ」について調査していきます!!

石井佳苗のプロフィールは!?

名前:石井佳苗 (いしい・かなえ)

生年月日:1963年

出身地:東京都

 

石井佳苗のDIYスタイルは、ハーフセルフスタイルです。このハーフセルフスタイルというのは、DIYを自分で出来るところは自分でして、出来ないところは、プロの方にお願いするという形です。

 

このことは、石井佳苗の著書「LOVE CUSTOMIZER2」に書かれておりました。

 

さて、石井佳苗がDIY好きになっていったのは、中学2年生にさかのぼります。自分の部屋を増築するにあたり、床、壁、天井の素材選び、家具選び等する中で趣味が模様替えになったことがDIY好きのきっかけのようです。

 

短大卒業後は、アパレル企業で5年、インテリアで有名なカッシーナで10年務めたのちに、インテリアスタイリストとして独立しております。

 

知り合いの設計士に聞いたのですが、インテリア関係で独立するには、それなりの下積みが必要なようです。きっと、石井佳苗もかなりの下積み時代を経てから独立したのでしょう。

 

その後、アトリエや自宅マンションをDIYでセルフビルドする様子をWebで発表し、DIY界隈で人気となっていきました。

石井佳苗の新居やラグがヤバい!?

石井佳苗の新居やラグがヤバいという噂ですが、まず、新居から調べてみました。どうやら、新居というのは、著書「LOVE CUSTOMIZER2」でDIYを施した自宅マンションのことのようです。

 

新居のスペックですが、1LDK、69平米の築42年ビンテージマンションです。場所は、神奈川県逗子市ですね。

 

なかなかの築古なので、建物の強度が少し心配ですが、オールドな外観がおしゃれで、アーチや渡り廊下といった共用部分からにじみ出るレトロな世界観がいいんですよね!

 

さらに、海と山が一望できて、ペットOKという物件(石井佳苗は猫が大好き)で、一目ぼれしたようです。そして、新居をご購入!

 

購入後は、リノベに勤しみ、部屋の中に「折れ戸の窓」を作ったり、キッチンにおしゃれなタイルを敷き詰めたりして、築42年の内装が、ヤバいお洒落空間に大変身しております。

 

中でも、おしゃれなのが、「自由な壁」です。これは、べニヤ板とラーチ合板とを二重に壁に貼り付けた壁です。「自由な壁」は、従来の石膏ボードよりも強度があるので、棚を好きなところに自由に配置できるようになりました。新居、ヤバいですねこれは。

 

つづいて、ラグについても調べてみました!

新居のリビングにラグを敷いているのですが、これがおしゃれなんですよね。イギリスのウェールズのものだそうです。しかもリバーシブルに出来て、洗うたびに面を変えて楽しめるラグになってます。

 

ラグで楽しむとか、お洒落すぎて、さすがです。

 

さらに、季節によって、ラグを入れ替えており、冬になれば、毛足の長いウールのラグに変えたりします。

この毛足の長いラグは、イランのビンテージ品になるそうです。

 

石井佳苗とか雅姫とか、お洒落な人に共通するのが季節に合わせた模様替えを上手くするんですよね。ラグを変えたりすることで、新居がより一層、輝きだすわけです。

石井佳苗の夫は?

石井佳苗には、息子がいて就職もしているようです。そのため、もいるはずですが、新居には、石井佳苗と猫3匹しか暮らしていないため、何かわけがあるのかもしれませんね。

 

しかし、石井佳苗は見た目が若いので、就職している息子をもつ母親だとは、見えないです。何かに打ち込んでいる人は若々しく見えるのかもです。

石井佳苗のポップアップショップは?

石井佳苗は、2018年10月頃に葉山で10日間のポップアップショップを開いてました。

 

トルコやイラン、アフガニスタンなどオリエンタルな場所で買い付けたラグや雑貨などを販売していたようです。石井佳苗はバイヤーとしての顔も持っていたんですね、なるほど。

 

ポップアップショップは盛況だったみたいで、ポップアップショップで販売していたものはだいぶ売れてしまったようです。買い付けてくるラグとかもセンス良かったんでしょうね、きっと。

まとめ

石井佳苗について、「新居やラグ」、「夫やポップアップショップ」について調査しましたが、

 

「新居は季節に応じてラグを変えるおしゃれなビンテージマンション」で、

「夫はおり、息子は就職するぐらい大きく、ポップアップショップは葉山で大盛況」

とわかりました。

 

というわけで、石井佳苗の新居は凄まじくお洒落で、小物に対するセンスも抜群でした。今度、ポップアップショップが開催されるときは、ぜひ、お店にいってDIY談義をしたいですね!はやく開催してくれないかなポップアップショップ!

コメント