プライベートジェットの航続距離や維持費は?日本人所有者は前澤!

未分類

おはようございます!ふくふくです。

 

プライベートジェットって単語を知っていると思いますが、プライベートジェットの維持費航続距離についてご存知でしょうか?

 

また、プライベートジェットの日本人所有者といえばZOZOTOWNの前澤社長ですが、他にもプライベートジェットを所有している日本人がいるのか気になるところです。

 

ということで、

今回は、プライベートジェットについて「航続距離」、「維持費」、「日本人所有者」を調査していきます!!

プライベートジェットとは?

プライベートジェットは別名ビジネスジェットとも呼ばれており、乗客6名から40名程度と小型な機体が主になります。とはいえ、航続距離に応じて機体の大きさは変わりますので一概には言えません。

 

ちなみに、プライベートジェットの値段は数百万ドル~数億ドルであり、数億円~数百億円というとんでもない金額になります。

 

そのため、プライベートジェットは、大富豪たちが所有していることが多いです。

 

プライベートジェットを購入するメリットは、「権威づけができる」、「モてる」など様々なメリットがあり、特にワールドワイドに移動することが頻繁にある人は、「時間を買える」ことが最大のメリットになるでしょう。

プライベートジェットの航続距離は?

プライベートジェットの航続距離は、2000㎞から10000㎞も移動できます。一般の旅客機が3000㎞から15000㎞も移動できるので、航続距離は旅客機並にありますね。

 

日本から2000㎞の距離であれば台湾まで行けますし、10000㎞の距離であればフランスイタリアなどのヨーロッパまで行けます!

 

プライベートジェットを購入するときは、よく行く地域を考えて航続距離の適切な機体を購入する必要がありますね。まあ大富豪であれば、航続距離が長いほうが自由度が上がるので、航続距離が長い大きなプライベートジェットを購入しそうですが。

プライベートジェットの維持費は?

プライベートジェットの維持費は、一体、いくらなのか?なんと、年間2、3億円かかるそうです。サラリーマンの生涯年収ぐらいかかりますね…

 

なぜ、そんなに維持費がかかるかというと、燃料代、パイロットの給料、駐機代、保険料、点検費用など、プライベートジェットを常に運航できる状態に保っておく費用がかかるからです。

 

うーん、ほんとプライベートジェットを購入できる人は大富豪って言葉がお似合いです。

プライベートジェットの日本人所有者は誰?

プライベートジェットといえば、海外セレブご用達で、日本人所有者は誰が持っているのか、あまり知られていません。

 

そこで、日本人所有者は誰なのか調べてみました。

1.ZOZOTOWN 前澤友作
2.日本国政府
3.ホリエモン(今は持っていない)
4.水原希子
5.錦織圭

色々な人が持っていますね。ホリエモンは最近、家もなくホテル暮らしもしており、固定費をとにかく減らすべきという方向にシフトしているので、今は所有していませんね。

 

錦織圭がプライベートジェットを所有しているのは、なんか納得できますね。テニスの大会であっちこっち行くでしょうし、体調コントロールも快適なプライベートジェットならやりやすいでしょう。

まとめ

プライベートジェットについて「航続距離」、「維持費」、「日本人所有者」を調査しましたが、以下のことがわかりました。

 

「航続距離は2000㎞~10000㎞」
「維持費は、年間2,3億円」
「日本人所有者は、前澤友作、水原希子、錦織圭」

というわけで、プライベートジェットは、夢のアイテムですが、購入費用も維持費も莫大なコストがかかります。自分で購入するのは無理でも、いつの日か、誰かのプライベートジェットに乗せてもらいたいものです。

コメント